teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re

 投稿者:中路智満  投稿日:2015年10月19日(月)10時20分40秒
  ありがとうございました。

http://www.mimospan.net

 
 

ブラックバスの仕入れについて

 投稿者:管理人2  投稿日:2015年10月19日(月)10時00分21秒
  中路 様
投稿ありがとうございます。
滋賀県の方にもお問い合わせて頂いているようですが、駆除事業で回収している外来魚は食用の鮮度保持をしていない等の理由から、提供は困難です。
琵琶湖博物館のレストラン「にほのうみ」で食べられたり、大津SA下り線のブラックバスバーガーが人気だったり、県内でも一部流通はしておりますが、それは捕獲されたバスの中でも特に大きいものを漁師さんが業者に卸し、業者さんがフィレー等に加工して納入していると聞いております。ですので、食材として入手しようとすると、バスを扱っている卸業者さんと取引するか、その前段階の漁師さんと交渉して購入するか、ということになります。
詳しくは077-524-2418滋賀県漁連までお問い合わせください。
 

ブラックバスの仕入れについて

 投稿者:中路智満  投稿日:2015年10月18日(日)23時21分21秒
  私は滋賀県内で1店舗を持つパン屋です。地域と結びついた商品の開発を積極的に行い滋賀県の特色を出した商品開発を行いたいとの思いでいろいろと探しています。そのなかで、駆除したブラックバスを仕入れてフライにしてサンドイッチにできないかと思い立ちました。しかしながら、食べ方などは、インターネット上で探すことはできるのですが、肝心のブラックバスそのものの入手方法については探しきれません。やはり自分で釣りに行くしかないのでしょうか。なにかヒントでも得られればと思い、こちらで問い合わせさせていただきました。

http://www.mimospan.net

 

ウーパールーパーの病気

 投稿者:管理人2  投稿日:2015年 3月 9日(月)14時38分27秒
  うーぱー 様

返信が遅くなって申し訳ありません。
どのような環境で飼育されてるのか不明ですが、
やはり酸素不足の解消はエアレーションが効果的かと思います。
投げ込みのぶくぶくでもないよりはあった方がよいですし、
上部フィルター式がやはり酸素供給に優れ、水質悪化も防げます。

お医者様からこまめな水換えをとの指示が出ているとのことですので、
あとはなるべくストレスをかけないように
様子を見られてはどうかと思います。
 

ウーパールーパーの病気

 投稿者:うーぱー  投稿日:2015年 2月28日(土)12時57分18秒
  1年半くらい飼っているウーパールーパーです。
体調は25㎝以上元気でよく食べる子でした。
3週間くらい前に水質悪化でエラが黒くなり体調を崩しましたが、水替え後元気になりました。
しかし、5日前よりエラが黒くなり、体調を崩しました。
水替えをしましたが、翌日には上に浮かんだままになりました。
3日目、病院をみつけ診察を受けました。えらが黒いのは酸素不足、かなり危ない状況で薬などを使う状況ではないとのことで、水質の急激な変化は気にせず、毎日少しずつ水替えをして様子をみるしかないと言われました。
昨日は、ほんの少し動きがでてきたように思いましたが、今日は横向きになり浮かんだまま。
呼ぶと反応する子ですが、昨日は自力でこっちへ向かってで来ることも出来ましたが、今日は手を動かすだけです。

もうだめでしょうか。もうなにも出来ることはないのでしょうか。
 

ブラックアロワナ

 投稿者:管理人2  投稿日:2013年 5月16日(木)10時04分3秒
  ブラックアロワナ 様
勝手ながら管理人が定年退職を迎え、ご返答に間が開いてしまいました。
申し訳ありません。管理人2が代わって書き込みさせて頂きます。

残念ながらアロワナについて詳しい人がおらず、
錦鯉に詳しい人に聞いてみた所、再生はするだろうとのことでした。
あくまで鯉の場合ですが、一番外側の骨(親骨)自体は再生しないものの、
2番目の骨がそれを補うように伸び、全体としては元通りになるそうです。
しかし、左右のバランスなどに微妙な違いが出る、とのこと。

傷の程度や個体差もありますが、再生が完了するまで1年~
2年以上掛かることもあるそうです。
 

ブラックアロワナ

 投稿者:ブラックアロワナ  投稿日:2013年 3月 8日(金)15時28分7秒
  昨夜、スポッテッドナイフにブラックアロワナ40センチの胸鰭の一番外側の骨(棘)を1・5センチほど噛まれて無くなってしまいました。
噛まれて無くなっている所は綺麗に折れています。
今はナイフは別水槽で飼育しています。
ブラックアロワナの折れた胸鰭の骨(棘)は再生するでしょうか?
餌食いは良いです。
稚魚から飼育して1年半です。
再生するならどれ位の期間が掛かりますか?
 

本モロコの養殖

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 4月15日(金)18時28分24秒
  岡田 様
我々滋賀県漁連では、本モロコの養殖等の研究は致しておりません。
琵琶湖の漁師が漁獲した魚を流通するおよび資源を増やすというのが役目ですので、
モロコ養殖については、お答えできません。

滋賀県水産試験場(滋賀県大津市八坂:0749-28-1611)で
養殖方法等研究していますので、おたずね下さい。
 

ホンモロコの養殖

 投稿者:岡田メール  投稿日:2011年 4月10日(日)22時38分1秒
  昨年より滋賀県でサラリーマンをしています。甘い考えでお叱りを受けるかもしれませんが、昔から魚の飼育が好きで、養殖にも非常に興味を持っています。県外の人間(京都在住)が副業としてホンモロコの養殖を始めることは可能でしょうか?もし可能ならば養殖可能な休耕田を貸してもらえる方法など、教えていただけませんか。臭みのないモロコを食べて、このおいしさをもっと世間に広めたくなり、自分も生産に関わりたいと思いました。  

鮎について

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 2月17日(木)10時14分53秒
  鯉乃助さん
おはようございます
おっしゃるとおり、鮎は、年魚・香魚 とも言われています
水族館での飼育では、3年ぐらい生きることが確認されています。
一般的には、1年で産卵後に死にます。

冬に鮎が食べられるのは、冷凍物・早期育成した鮎でしょう。
冷凍物はともかく、早期育成した鮎もお正月には、ごく少量塩焼きサイズで出ます。

鮎は、秋産卵魚ですので、日照時間が短くなれば成熟を始めます(電照菊と一緒)。
これを利用して、電照で成熟させたり、させなかったりが出来ますので、
年中産卵させることは出来ます。

琵琶湖の鮎は、天然物ですから、秋9月以降に産卵期となります。
琵琶湖では、8月20日から11月20日まで産卵保護のため禁漁となります。
11月21日から解禁となり重さ0.3gぐらいの、透き通った体の氷魚(ヒウオ)が漁獲され、
おもに河川への種苗放流用に飼育されます。

氷魚の釜揚げは、最高に美味しく、これぞ琵琶湖の最高の旬です。

 ポン酢をかけて食べると最高です!  ぜひ一度ご賞味下さい。
 時期:12月~3月上旬

お近くの淡水魚を扱っている魚屋さんにお聞き下さい。


 

レンタル掲示板
/15