teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


遺書、読ませて貰いました。

 投稿者:まっこちゃん  投稿日:2013年 4月21日(日)16時51分31秒
  前の投稿にもコメント貰ってたんですね。
ありがとうございます。

読んでて涙が出てきました。

勇気も愛も今寝てます。

またHP見に来ますね。

FBの招待メールの送り方は只今調べ中です。

もう少し待っててね。
 
 

たけのこ

 投稿者:あかつき  投稿日:2013年 4月16日(火)20時23分52秒
  タケノコの時期。

出始めは「ハツモノ」として、ありがたく掘っていたタケノコも
最後には伸びすぎたヤツのアタマをハネるという行為に・・

けど、これって、人間そのもの。

最初は
「若いやつを大事にする」
が、
「チッ、ウゼェんだよ」って思い始めるように。

その基底には煩悩という最も拭いにくいヤツが潜んでいる。
つまりそれは、「私自身」なのだ。
 

「むきずな」人

 投稿者:あかつき  投稿日:2013年 1月 7日(月)22時21分25秒
  寒くなると、あちこちが痛くなる時期なりました。

「じゃまくさい」、「疲れたくない」、関節痛、夏バテ、体調不良を理由に、
「集まって何かをやること」
から、”逃げているだけ” のことも、あるのではないでしょうか?

若い奴は、スマートホンを触って、ゲームをして、輪に入らない・・・

どこに違いがあるでしょう?
関係性を求めない風潮は、老若男女を問わず、一般的に
なっているのではないかと、感じています。

震災以降、「絆」という言葉をしきりに聞きます。
辞書をひくと、「絆(ほだ)す」 とあります。
つなぎとめておく、つまり、自由を束縛することです。
自由を束縛されても、なお、つなぎとめている関係が、「絆」だと。

絆創膏って、絆がついていますよね。
自分が血まみれになって、はりついて傷に薬をつける。
自分の何かを犠牲にして、相手の人の傷を治そうとする・・

面倒くさいことや、泥臭いことはやりたくない。
税金は払っているし、募金もした。
節電や、値上げにもひと通り協力し、バカ騒ぎも自粛し、
不景気でも(自分なりに)我慢している・・
これって、絆でしょうか?

傷つけあうことはない、なんて、ええカッコしいに、「絆」などない。
「むきずな」人ではないか?
 

年末に。

 投稿者:あかつき  投稿日:2012年12月31日(月)23時59分9秒
  近頃、書店に足を向けると、エンディングノートというものが目に入ります。
死を意識することは、大切です。
私も、死を見つめる出来事がありましたし、毎日、死に一日づつ、近づいています。
死を意識するということは、遺産の配分、遺影の映りや、葬儀費用を
心配することではない、と考えます。
自分の卒業式や退職記念会を自分で場所を決め、予算を計算する人がどこにいるでしょう?
自分の末路を決めたいのなら、家族や、知人と相談して、任せられる人に
まかせてしまうほうが、良いのではありませんか?

出版社や葬儀社の言いなりのような、死の現実からはるかに遠い、
葬式ごっこのマニュアルは必要でしょうか?

どうしても、気づかなければ、計画せずに巡禮(巡礼・巡拝)へ。
かけがえの無いものに気づき、あなたらしい、終い支度の第一歩となるでしょう。
書き残したいことは、それからの方が良い。

家族を愛し、人を信じ、自分らしく、今を、今日を大切に。        合掌
 

情報弱者

 投稿者:あかつき  投稿日:2012年 9月19日(水)23時21分42秒
  インターネットやIT機器が普及するにつれて、
使いこなせる人とそうでない人が出てきました。

後者のことを、世間では、「情報弱者」というそうです。

はたしてこれは、正当な考え方でしょうか?

インターネットやIT機器が使いこなせなくても、
社会のために一生懸命な方はおられる。

私は、人のぬくもりに価値観を見いだせず、
IT機器を使いこなして、誰もが知ることのできる
情報を、インターネットで検索して知識を得た
つもりになっている人こそ、問題であり、
「情報に負けた」のではないかと考えている。

我々はネットワーク情報という魔物に勝ち目のない
戦いを挑んでいるだけなのかもしれない。
 

避雷針の有効範囲

 投稿者:あかつき  投稿日:2012年 9月 5日(水)20時40分51秒
  かつては、「60度法(避雷針の傘の下は安全)」と言われてきました。
経験から、現在では、「球体回転法」に保護範囲は変わっています。
あまり情報が行き渡らないので自分で身を守るしかありません。
 

ありがとう

 投稿者:あかつき  投稿日:2012年 8月22日(水)09時57分22秒
  「きれいにお使いいただきありがとうございます」(公共施設)
「たたんでくれてありがとう」(飲料パック)

耳障りの悪い言葉ではない。

が、アタリマエのことをお礼を言われないと気がつけない
身勝手さが蔓延していることの指摘でもあります。
 

パレード

 投稿者:あかつき  投稿日:2012年 8月20日(月)23時37分48秒
  「感動」とか「勇気」をあげるとかもらうというのが、どうも腑に落ちない。
こういうものはあげたりもらったりするものではない。
自分で奮いたたせるもののはず。

現実の、暑い、臭い、日照りといった厳しい空間から逃避して、
パソコンやテレビの画面で情報を吸収し過ぎではないだろうか?
 

「異邦人」

 投稿者:あかつき  投稿日:2012年 8月20日(月)20時06分1秒
  小説家アルベール・カミュは「異邦人」の中で裁判にかけられた主人公に、
判決文を聞きながら
「裁判官だって下着を取り替えるじゃないか」
と想像させた。

情動心像法という手法で主人公の被告としてのみじめさを
克服させた点は秀逸である。

さて、東京裁判の多くの被告や自決者は内心何を思ったか・・
生まれ変わって「貝になりたい」と思ったであろうか?
私は、最後の最後まで生きたいと思ったに違いないと考えている。

同様の手法は高村光太郎が「智恵子抄」の中で、千恵子の形見の彫刻を
懐に入れるという孤独の克服法としてみることができる。

無数の肉片となり死んでゆく惨めさを、神になるイメージを持つことに
よって不安克服させた新政府の心理作戦は敗戦後、67年を過ぎて
忘れ去られようとし、また、国もそれを待っている・・・

死んでも死に切れまい。
ただ鎮魂と黙祷を心の底から、この平成の、バブル景気の後遺症のまま、
バカ騒ぎな世に一人でも小マシな人間がいることをお伝えしたい。  合掌
 

67回目

 投稿者:あかつき  投稿日:2012年 8月15日(水)01時30分54秒
  敗戦の日。
そして、「お盆」。(新盆の地域から見ればひと月遅れ)

お盆休みとは、祖霊を供養し、感謝するための時間。
また、無縁の祖霊は無縁にあらず、百千万劫の彼方で有縁(うえん)となっているはず。
海外旅行や行楽地で過ごすことも一興かもしれないが、それなら暑くない時期のほうが良い。

「敗戦の日」ということ、「お盆休みの本義」を忘れずに過ごしたい。
そして、正午には食事作法(じきじさほう)を唱える前に、心をこめ、無心の黙祷を・・・

戦陣に散り、戦禍に倒れ、無念荒ぶる魂を和御魂(にぎみたま)へと昇華させ、
曼荼羅の諸仏諸菩薩に両手(もろて)をさしのべられて来迎されたに違いない、
今は、浄土にある、無数のなき御霊に捧げたい。     合掌
 

レンタル掲示板
/31