teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


豪華 クルーズトレインとSL

 投稿者:赤崎の夕陽  投稿日:2017年 6月24日(土)16時42分2秒
  ご無沙汰しております、久々の書き込みになります。
JR東のクルーズトレイン『TRAIN SUITE 四季島』の運行がはじまりました。
この列車は上野を出発して中央線等々経由して磐越西線を運行します。
一泊二日コースでも一人32万円からとビンボーな赤崎の夕陽には縁遠い列車ですが・・・・
鉄ちゃんにも評判がいまいちな部分です。
 関西ではJR西が『瑞風』の運行を始めました。大阪駅の当該のホームには瑞風の停止位置の
表示が書き込まれていました。
 鉄道ネタということで、だいぶ以前になりますがテレビ東京の人気番組「何でも鑑定団」で
会場が新津の時、某工業高校の近くにある新津鉄道資料館が映され、野外展示している
200系新幹線の先頭車とC57が紹介されました。このC57は「C5719」号機 はて、どこかで見たような そうです、赤崎の夕陽が高校生の頃、小学校の近くの磐越西線を運転中のところを撮影していました。1970年代に入ると蒸気機関車が運行している路線はかなり希少となってきており、
運行していた機関車が結構あちこちで展示されたりしています。ついでといってはなんですが、只見線の復旧が決まったとのこと。全国の撮り鉄が祝杯を上げたかどうかは定かではありませんが嬉しいニュースです。
 ついでに悪乗りの鉄道ネタ、JR西の山陽新幹線で500系新幹線がイベント列車として
エヴンゲェリオン仕様のカラーリングで走行しています。山陽/東海道新幹線は現在700系/N700系がほとんどなので、とても目立ちます。それにつけてもJR東海は面白みがない。リニアで手一杯といったところでしょうか。
 最後に、昨日(6月23日)休暇を取って大阪のNHKホールへコンサートに出かけました。
五輪真弓 45周年記念コンサート、『恋人よ』名曲ですね。
 
 

残暑お見舞い申し上げます

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月11日(木)10時16分59秒
  猛暑が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
巷では連日のように熱中症や水の事故などが報道されております。
お盆休みの時期でもありますのでくれぐれも注意してください^^

トントンさん
お久しぶりです。「かむら」ですか・・聞き覚えがあります!
子供の頃は深戸在住の何人かの友人の家によく遊びに行きましたが、
もしかしたら「かむら」にもおじゃましていたかも?

管理人は今年は残念ながら鹿瀬へ帰省する予定がありません。
しょうがないのでGoogleストリートビューで時々帰省しています。
どなたか鹿瀬の近況などをお知らせ頂けたら幸いです。
 

まま!

 投稿者:トントン  投稿日:2016年 5月30日(月)19時40分24秒
  屋号ですね!母が色んな屋号が有ったんだよ「まま」の家にも上がったよ、と話してましたよ。家は「かむら」です。
 

こんばんは(^^)

 投稿者:トントン  投稿日:2016年 5月30日(月)19時30分19秒
編集済
  yumi.n.kさん、管理人さんこんばんは(^^)お返事ありがとうございました。
捕虜収容所が有ったのは母から「外人の兵隊さんが、村のあちこち歩いてたのよ」と何回も聞かされてました、勿論監視付きですが。木を切りに来たりしていたそうです。母が働いている時には収容所は「野球場になってなかったかな」と言ってました。奥さんは晩年深戸で過ごしたそうです。
空襲時は母は7才でいつも避難する場所に行けなかったそうで、しかし爆弾はその避難場所に落ちたらしくお一人亡くなったと聞きました。

よく聞くのは外人の兵隊さんが隊列作って村の中を歩いて居たこと、吾妻さんの結婚式は小さい川を登ったお宮の下の本家(どこのお宮なんだ?笑)です。


管理人さん、通称桶屋ではないです(^^)そのもう少しトンネルの方にあるいた所に後から出来た雑貨屋の方です。母の実家は桶屋から歩いて30秒ほどで実家の隣には、今は綺麗に整備された広場があります。
今、母曰く「深戸の家なら皆知ってるか、親戚だ」だそうです(笑)
 

まま!

 投稿者:yumi.n.k  投稿日:2016年 2月13日(土)22時35分46秒
  「ママ」は編集用語で「そのまま」という意味です。スミマセン!日報の記者が吾妻を東と書いてしまっていたので私が補足したのでした。それにしても屋号が「まま」というのは偶然のつながりだし、珍しい屋号でもありますね!
日報の記事は古くてデータベース化されていないので図書館でコピーしたものを持っています。PDFで送ることはできますが、掲示板では無理ですよね。
ツイッターの下記のアカウントにフォローしていただけたら相互フォローでDMでやり取りできるかと思います。「鹿瀬」とどこかに書いて返信くださればわかると思いますが。トントンさんもよかったらどうぞ。
@gmdaudel (Y.N.K)
 

ママ?

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月13日(土)12時59分43秒
  yumi.n.kさん
新潟日報の記事、ほんといい話ですね。もっと詳しく知りたいくらいです。
ところで管理人の曾祖父(故人)の話で恐縮ですが、曾祖父の家の屋号は「まま」と呼ばれていたそうです。
記事中の「ママ」とは一体?・・・ 曾祖父は深戸で19世紀後半頃(明治時代)を生きた人物のようです。
まさかとは思いますが、何か関係があるのでしょうか? 非常に気になります。
 

深戸

 投稿者:yumi.n.k  投稿日:2016年 2月10日(水)23時49分36秒
  管理人さんもトントンさんもルーツが深戸なんですね。(といっても行ったことはないのですが。)
調べている資料の中からこんな記事が出てきました(抜粋)↓
昭和56年(1981年)5月15日 新潟日報(夕刊)
<こちら特報班>「鹿瀬捕虜収容所 昭和19年12月25日 思い出の『アオキ』いずこ」(関田雅弘)

「当時の署長・東(ママ:正しくは吾妻)中尉の妻は、役場の調べで鹿瀬町深戸の出身であることがわかった。(中略)厳しい戦局のなかでのパーティー許可に感謝したジャニスはその後、戦犯に問われた同中尉の減刑に奔走した。『死ぬまであなたに感謝していた』。このたび(中尉夫人の)横浜の実家を訪ねたジャニスは、未亡人から中尉のことばを確認した。」

ドラマになりそうなお話ですね。映画『バルトの楽園』を思い出しました。

 

ありがとうございます

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月 9日(火)00時04分7秒
  ごぶさたしております。
私事ですが年明け早々仕事でいろいろありまして、
しばらくPC環境から遠ざかっておりました。大変失礼しました。

こし光さん
いつもご訪問ありがとうございます。この冬は実家に帰省できませんでした。
私の幼少期の冬はいつも大雪で、近くの神社の鳥居のしめ縄にぶら下がれました。
また、遊び場である近くの保育所に行く途中、道路標識や電線は肩の位置。
保育所の広場で遊んでいて足を踏み外し、その下にあったのはジャングルジムでした。

トントンさん
お便りありがとうございます。
深戸の商店といえば、個人的には今も1件しか記憶にありません。まさかあの店?・・・
車がやっと一台通れるような細い道で十字路の一角?・・実は管理人のルーツも深戸です。

yumi.n.kさん
はじめまして。このサイトはまだ10年ほどですがお役に立てて幸いです。
それもこれも、いろいろな方々のご協力あっての賜物です。ありがとうございます。
まさか鹿瀬に捕虜がいたなんて、実は数年前までは思いもしませんでした。
私の幼少期は平和でしたので・・激動の昭和=激動の鹿瀬と言っても過言ではないでしょう。
何か情報があればご報告したいと思います。よろしくお願いいたします。

 

鹿瀬捕虜収容所について

 投稿者:yumi.n.k  投稿日:2016年 1月31日(日)22時57分52秒
  はじめまして。新潟市在住のyumiと申します。
昭和電工鹿瀬工場内にあった捕虜収容所について調べています。検索していたらこちらのサイトに行きつきました。
収容所だった建物はつい最近まで「現存する」とされていたのですが、昨年残っていないことがわかりました。ではいったいいつ壊されたのか?これについて調査しているのですがわからないのです。
1960年撮影の写真には残っていて、2004年の写真にはありませんでした。でも「古きよき鹿瀬」のHPから「地図・空中写真閲覧サービス」を教えていただき、1973年の航空写真に写っていないことが確認されました。壊された期間が1960~1973に絞られたというわけです。
管理人さん、ありがとうございます!
収容所のことを引き続き調べております。なにか情報がありましたらお教えください。
トントンさんの書き込みにもビックリしました。吾妻所長さんと姻戚関係でいらっしゃるとは!
収容所についてなんでもいいのでお教えいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。
 

ありがとうございますm(__)m!!

 投稿者:トントン  投稿日:2016年 1月15日(金)22時50分58秒
  管理人様、昭和電工鹿瀬収容所 の情報ありがとうございましたm(__)m!
『KANOSE POW』初めて知りました。動画途中に出て来た写真を母に観て貰いまして「浩さんと、Fさ子さんだよ。よくこの写真あったねぇ、結婚式は本家でやってねぇ。ゾロゾロ捕虜がお祝い持って来たんだよ、戦後は捕らえられて巣鴨に行ったけど、捕虜の人の証言で刑が軽くなったって聞いたよ。」と、機関銃のように止まらず話してくれました(^^;

このような話を聞けたのも、写真を観れたのも管理人様のお陰です、 ありがとうございますm(__)m

ワタクシの祖母は亡くなりましたが生前
深戸鉄橋近くの日出谷に抜けるトンネルの近くで小さな商店やってまして深戸からの荷物が届くと、兄弟でお菓子を探すのが楽しみでしたね……

3年前に深戸の母の実家に行きましたが、また暖かい時に行きたいですね。

今年もサイト運営頑張ってくださいm(__)m!!



 

レンタル掲示板
/34