teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:33/146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

鮎について

 投稿者:管理人  投稿日:2011年 2月17日(木)10時14分53秒
  通報
  鯉乃助さん
おはようございます
おっしゃるとおり、鮎は、年魚・香魚 とも言われています
水族館での飼育では、3年ぐらい生きることが確認されています。
一般的には、1年で産卵後に死にます。

冬に鮎が食べられるのは、冷凍物・早期育成した鮎でしょう。
冷凍物はともかく、早期育成した鮎もお正月には、ごく少量塩焼きサイズで出ます。

鮎は、秋産卵魚ですので、日照時間が短くなれば成熟を始めます(電照菊と一緒)。
これを利用して、電照で成熟させたり、させなかったりが出来ますので、
年中産卵させることは出来ます。

琵琶湖の鮎は、天然物ですから、秋9月以降に産卵期となります。
琵琶湖では、8月20日から11月20日まで産卵保護のため禁漁となります。
11月21日から解禁となり重さ0.3gぐらいの、透き通った体の氷魚(ヒウオ)が漁獲され、
おもに河川への種苗放流用に飼育されます。

氷魚の釜揚げは、最高に美味しく、これぞ琵琶湖の最高の旬です。

 ポン酢をかけて食べると最高です!  ぜひ一度ご賞味下さい。
 時期:12月~3月上旬

お近くの淡水魚を扱っている魚屋さんにお聞き下さい。


 
 
》記事一覧表示

新着順:33/146 《前のページ | 次のページ》
/146