teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ジョン・ミリアス グリップ②

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 7月15日(水)20時37分5秒
返信・引用
  追加画像です。
ジョン・ミリアスが、NRAのNational Firearms Museumに貸与しているM29が、 昨年1月のSHOTSHOW、NRAブースで展示されていたそうですね。
 
 

ジョン・ミリアス グリップ

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 7月15日(水)18時10分2秒
返信・引用
  Pekoさん

返信、ありがとうございます。

とにかく、がっかりなMULEマグナムフォース グリップ(これが商品名です)  書き忘れましたが、既存発売のコークボトルグリップと同素材なので、実物のようなツヤがありません。ニス仕上げされていないから、当然なのですが。

Pekoさんの記事から、初期のM29のコークボトルグリップはマットフィニッシュだったということで、MULEコークボトルグリップの仕上げは許せます。しかし、それをそのまま、ジョン・ミリアス グリップに流用するのは、いただけません。

この号のGun誌、自分も所有しています。
中坊だった当時、かなり、読み倒しました。
記事を読み、「なんで、ハリー仕様のターゲットグリップじゃないんだよ」なんて思っていましたが、いま見ると、このスムースタイプグリップ、とても美しいです。

サンフランシスコのレストランで、厨房のイチロー氏が、「ダーティハリー3」のロケに来たイーストウッド本人に、和風のつけだれを作ってあげたエピソードは、興味深いものがありました。考えたら、とんでもなくスゴい体験ではないですか。
その後のことは書かれていませんでしたが、サインぐらいもらったのでしょうか、いまだに気になっています。

画像は実銃用スムースタイプです。できれば、こんな感じのものが欲しかったのですが。
 

Re: M29グリップ 新製品情報①

 投稿者:Peko  投稿日:2020年 7月15日(水)14時22分28秒
返信・引用
  Hidebowさん

投稿ありがとうございます。MULEのグリップ、残念な出来だったのですか?
写真を見る限り確かに残念ですね! ジョンミリアスのグリップはコークボトルではなく後期のスムースターゲットグリップの形ですしね。その点実銃用のスムースグリップにプレートを付けたのは正解だったと思います。

私の世代だとM29のスムースグリップはやはりガン誌の表紙を思い出しますね!(爆)





.

http://www.pekosgunbox.net

 

M29グリップ 新製品情報③

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 7月15日(水)11時47分2秒
返信・引用
  画像の追加②です。

購入した、実銃用スムースタイプグリップです。
 

M29グリップ 新製品情報②

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 7月15日(水)11時32分2秒
返信・引用
  画像の追加です。

一枚目の画像は実物です。
二枚目と三枚目の画像は、自分が所有しているブルーイング加工のM29に、MULEのコークボトルグリップを装着したものです。
 

M29グリップ 新製品情報①

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 7月15日(水)10時47分2秒
返信・引用
  Pekoさん

ごぶさたしています。

さっそくですが、最近、日本でMULE社から、ジョン・ミリアス グリップなるものが発売されました。
そう、「ダーティハリー2」の脚本ギャラの一部としてジョン・ミリアスが受け取った、スムースタイプのグリップに記念プレートがはめ込まれた、あれです。よくこんな、マニアックなグリップを発売するものです。

発売前、実物のようなキレイな木目のものを期待していましたが、発売された商品は、同社既存のコークボトルグリップと同素材で、チェッカリングをなくしただけ。そして、不出来なプレートをはめ込んであるという、なんとも残念なものでした。
プレートの出来は、まあまあガンバっていますが、それほどリアルではありません。

このグリップ、はっきり言って、手抜き商品です。コークボトルグリップが売れている(一社独占ですからね)ことをいいことに、ダーティハリーファンをナメきった商品企画。発売するなら、もっとマシなものにしていただきたい。

だいたい、同社コークボトルグリップは、それほど、リアルな出来ではありません。おそらく、Pekoさんのページ画像を参考にしたはずなのに、レリーフカット(フットボール)の面積は広すぎるし、チェッカリングの面積が下方に長く、バットとの間隔が狭いです。
色みだけは、まあまあなのですが。
いちばん問題なのは、グリップ自体が実銃用より細いことです。これは、タナカの元グリップがそうであり、そのまま、サイズをあわせちゃってるんですよね。

この商品を購入しようという気はなくなり、予約をキャンセルしました。そのかわりに、実銃用のスムースタイプグリップを見つけ、驚くほど安価で購入しました。「ダーティハリー5」 バージョンのコレクションとしてです。木目が程々にキレイで、気に入っています。

三枚目の画像は、実物です。 ②に続きます。
 

BIANCHI X2100 PHANTOM について③

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 5月 3日(日)12時30分2秒
返信・引用
  Pekoさん

ヤフオク、BIANCHI X2100 PHANTOM の出品落札結果報告です。

結果は、「負、負けました…」
スタート14,000円で、落札額は61,000円でした。落札した人はかなりの強気で、自分は6万円まで入札しましたが、それ以上で入札したとしても、さらに上乗せしてきたと思います。

この掲示板での、自分とPekoさんのやり取りをチェックしていたのでしょうか。そのうち、ここに画像付きで投稿してきたりして。

ダーティハリー愛では負けてませんが、財力で負けました。
 

BIANCHI X2100 PHANTOM について②

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 5月 1日(金)16時50分16秒
返信・引用
  Pekoさん

そうでしたか、残念です。
そちらのサイトを検索しても、出てくるのは中古ばかりだったものですから。

X2100 PHANTOM は、めったに出品されません。とくに、このタイプ(ダーティハリー4で使用と同品)は初です。

これはなんとしても、落札するしかないですね。コンディションも、かなり良いですし。
迅速な返答、ありがとうございました。
 

Re: BIANCHI X2100 PHANTOM について

 投稿者:Peko  投稿日:2020年 5月 1日(金)15時51分4秒
返信・引用
  Hidebowさん

ビアンキのX2100はもう大分前に絶版となっております。ビアンキのサイトを見ても無いと思います。
こちらアメリカのオークションサイトのeBay で検索した所、結構たくさん出品されています。程度も様々で値段も20ドルぐらいから100ドルぐらいまでと幅があります。

参考になりましたでしょうか?

http://www.pekosgunbox.net

 

BIANCHI X2100 PHANTOM について

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 5月 1日(金)09時25分19秒
返信・引用
  Pekoさん

以前、返答、紹介していただいた BIANCHI X2100 PHANTOM  についてですが。
日本のヤフオクで、良コンディションの同品が出品されていまして、「ダーティハリー4」 バージョンのコレクションとして落札しようと思っています。
あのホルスターは、現行品として、現在でも販売されているのでしょうか?
販売されているとしたら、新品価格と中古相場もおしえていただけると、ありがたいです。

よろしくお願いします。
 

Re: 「ダーティハリー5」 のM29

 投稿者:Peko  投稿日:2020年 2月18日(火)05時30分49秒
返信・引用
  > No.784[元記事へ]

Hidebowさん

またまたの投稿ありがとうございます。
The Dead PoolでM29が6インチというのは知っていました。がこの映画2回ぐらいしか見ていなくて筋もほとんど覚えてないというていたらくです。(笑)

映画のポスターでは実際に使われたガンではない写真が使われていましたね。銃身が長いのとグリップがスピードローダー用のカットが入っていました。
で、確かに使われているのは6インチのM29のようです。(2枚目の写真)

3枚目の写真ではグリップは確かにスムースでチェッカリングがないようですのでその方のおっしゃっていることは間違いないと思います。

というわけで知らなかった情報をありがとうございました!



.

http://www.pekosgunbox.net/

 

「ダーティハリー5」 のM29

 投稿者:Hidebow  投稿日:2020年 2月18日(火)01時55分2秒
返信・引用
  Pekoさん

またダーティハリー関連で、申し訳ないのですが。

「ダーティハリー5」 のM29は、6インチだったと検証している人がいました。なんでも、当時、6.5インチが手に入れにくくなっていたからだそうで、グリップがゴンカロのスムーズタイプだったらしいのです。

いまさら何を言ってるんだと、映像を観なおしてみました。しかし、「5」でのM29発砲シーンは、すべて夜なんですよね。はっきり確認できるのは、レストランでファンに銃を向けてしまうシーンのみ。そこを観ると、たしかに、短かい! 6インチモデルでした。しかし、グリップのタイプまでは確認できません。

どうして、いままで、気づかなかったんでしょう。映画公開から30年以上も経っているというのに、不覚でした。
"「1」のM29はコークボトルグリップだった" とか、"ハリーのショルダーホルスターは6インチ用だった" ことを発見したPekoさんは、スゴいと思っていましたが、この人もなかなかです。

この件を、Pekoさんはご存知でしたか?
 

4スクリューのプレM29 (2) -2

 投稿者:Hidebow  投稿日:2019年12月27日(金)13時05分2秒
返信・引用
  Pekoさん

写真を追加します。

現行のバージョン3は、ご覧のとおり、カウンターボアードでバレルピンありの、M29-2仕様になっています。
ABS樹脂へのメッキに青さはなく、ただの黒メタです。
 

4スクリューのプレM29 (2)

 投稿者:Hidebow  投稿日:2019年12月27日(金)10時35分56秒
返信・引用
  Pekoさん

解答、ありがとうございます。
参考になるどころか、それ以上、大いに勉強になりました。シリアルナンバーから紐解いた検証、さすがてす。

プレM29の4スクリューと5スクリューは、時期ではっきり分かれているわけではなく、混在していたということですね。謎が解けました。

最近(日本で)、タナカからM29のスチールフィニッシュのガスリボルバーが発売されました。旧型(バージョン2、ノンリセスシリンダー、バレルピンなし)で発売されていたことがありましたが、ほんと、久しぶりに、バージョン3となっての再販です。スチールジュピターフィニッシュ(ヘビーウエトのメッキモデル。仕上げは、スチールフィニッシュとほぼ変わりません)のモデルガンはありましたが、メタルフィニッシュのガスガンはラインナップされていなかったので(ヘビーウエイトモデルのみ) うれしい限りです。もちろん、即、購入しました。

Pekoさんの記事で、昔の"タナカのミッドナイトブルーが、いちばん実銃の仕上げに近い"と書かれていましたが、今回のM29スチールフィニッシュ(自体は以前からありますが)の仕上げと、どれほどの違いがあるのでしょう。ミッドナイトブルーほど、青くない気がするのですが。

細かな調査と検証、ありがとうごさいました。
 

Re: 4スクリューのプレM29

 投稿者:Peko  投稿日:2019年12月26日(木)06時57分50秒
返信・引用
  > No.780[元記事へ]

Hidebowさん 質問ありがとうございます。

調べてみたところ確かにNフレームの44マグナムリボルバーは1956年から存在するようです。しかしS&Wのシリアルナンバーはモデルごとではなく戦後のNフレームリボルバーはひとくくりでの通し番号でつけられているようなので001とかで始まっていないようなのです。(001は1969~70年ぐらいから)
44マグナムはSから始まるシリアルのようですが○○年後期から○○年前期というあいまいな区切りで分かりにくいのです。


Post-War S Series N frames:

S62,489 ? S67,999……..1946 - Early 1947
S68,000 ? S71,999……….Late 1947 ? Early 1948
S72,000 ? S72,499……….Late 1948 - Early 1949
S72,500 ? S74,999……….Late 1949 ? Early 1950
S75,000 ? S80,499……….Late 1950 ? Early 1951
S80,500 ? S85,999……….Late 1952 ? Early 1952
S86,000 ? S94,999…….…Late 1952 ? Early 1953
S95,000 ? S102,999…….Late 1953 ? Early 1954
S103,000 ? S139,999……Late 1954 ? Early 1955*
S140,000 ? S149,999….Late 1955 ? Early 1956
S150,000 ? S175,999……Late 1956 ? Early 1957
S176,000 ? S181,999……Late 1957 ? Early 1958
S182,000 ? S194,499……Late 1958 ? Early 1959
S194,500 ? S206.999……Late 1959 ? Early 1960
S207,000 ? S219,999……Late 1960 ? Early 1961
S220,000 ? S227,999……Late 1961 ? Early 1962
S228,000 ? S231,999……Late 1962 ? Early 1963
S232,000 ? S235.999……Late 1963 ? Early 1964
S236,000 ? S257,999……Late 1964 ? Early 1965
S258,000 ? S261,999……Late 1965 ? Early 1966
S262,000 ? S289,999……Late 1966 ? Early 1967
S290,000 ? S304,999……Late 1967 ? Early 1968
S305,000 ? S329,999……Late 1968 ? Early 1969
S330,000 ? S333,454……Late 1969 ? Early 1970

ご指摘のYutubeの動画はこれではないでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=-T5662WjIpk

動画の中では1956年製と説明していますがシリアルナンバーはS173065で56年後期から57年前期となっています。


シリアルナンバーがS171503で1957年製としている4スクリューモデルもあります。

https://www.icollector.com/Smith-Wesson-Four-Screw-Pre-Model-29-Double-Action-Revolver_i13828359


5スクリューモデルで1957年製としているものもあります。

https://www.gunauction.com/buy/7084107


ですので1956年後期から1957年初期にかけて5スクリューモデルと4スクリューモデルが存在するのは確かですがその区切りは今の所曖昧だと思います。M29のナンバーが付けられる(1960年)以前にも4スクリューモデルが存在したということですね!

参考になりましたでしょうか?


.

http://www.pekosgunbox.net/

 

4スクリューのプレM29

 投稿者:Hidebow  投稿日:2019年12月25日(水)22時07分33秒
返信・引用
  Peko さん

ごぶさたしています。
さっそくですが、YouTubeで、かなり美しい、奇跡のビンテージ、1956年製のプレM29の動画を見つけました。
Pekoさんの記事から"M29は1955年に発表され、57年頃から販売され始めた"そうですが、この銃は56年製です。しかも、5スクリューではなく、4スクリューなのです。"M29のナンバーがつけられようになる前は、5スクリューだった"そうですが、この銃はすでに4スクリューです。プレM29の初期は5スクリューで、後に4スクリューになったということでしょうか?

気になって仕方ありません。
回答をお願いします。
 

80年代の「レーザーサイト」

 投稿者:のりゆき  投稿日:2019年11月 4日(月)23時04分54秒
返信・引用
  先日、Pekoさんとのやりとりで画像にある「LS-45レーザーサイト」を
現在も米国にて入手可能か?とのやり取りをしていました。
結果、さすがに30年近く前のアイテムなので難しい。という結論でした。
(もし入手可能な情報があれば掲示板でもお願い致します)

最近J・キャメロン監督で「ターミネータ-2」の続編が公開されますが、
「物語の面白さ」だけでなく、キャラクターがどんな「魅力的なプロップガン」を
使用したか?というのも映画ヒットの「重要なキーワード」かと思います。

今だに「ハードボーラー」と言えば「レーザーサイト」というイメージですね。
これはMGC末期にガスガン様に製作されたパチ・サイトです。

http://nypd8295.blog.fc2.com/?template=basic_white&index

 

80年代の「レーザーサイト」

 投稿者:のりゆき  投稿日:2019年11月 4日(月)22時59分48秒
返信・引用
  皆さんお世話になります。
先日、Pekoさんとのやりとりで画像にある「LS-45レーザーサイト」を
現在も米国にて入手可能か?との話をしていました。
結果、さすがに30年近く前のアイテムなので難しい。という結論でした。
(もし入手可能な情報があれば掲示板でもお願い致します)

最近J・キャメロン監督で「ターミネータ-2」の続編が公開されますが、
「物語の面白さ」だけでなく、キャラクターがどんな「魅力的なプロップガン」を
使用したか?というのも映画ヒットの「重要なキーワード」かと思います。

今だに「ハードボーラー」と言えば「レーザーサイト」というイメージですね。
これはMGC末期にガスガン用に製作されたパチ・サイトです。

http://nypd8295.blog.fc2.com/?template=basic_white&index

 

リターナー ミヤモトspl

 投稿者:月島ふらり  投稿日:2019年 9月 3日(火)19時07分33秒
返信・引用
  こんにちは。ご無沙汰してます。
ついに買ってしまいました、WAのミヤモトガバ。

近年は撃たなくなったので、モデルガンとしてですが。
なので作動や精度は判りません(笑)

リアルスチール仕様でスライドもフレームも
エッジ部分がいい感じの擦れ具合に仕上がってます。

38スーパー弾て、サイズとしては9ミリより357に近いんですね。

スライドはSFAですが、フレーム刻印はコルトのままです。
映画の設定もそうなのかは分りませんが。


 

007 「スペクター」 のインサイドホルスターはIB333

 投稿者:Hee63  投稿日:2019年 8月29日(木)21時30分28秒
返信・引用
  Pekoさん

いやあ、驚きました。これぞ(3枚目の写真) まさしく、007 「スペクター」 のホルスターじゃないですか。銃が斜めになっていたなんて、考えもつかなかったですよ。すばらしい発想、決定的と言える正解、お見事です。

いつもながら、さすがの検証です。ホルスター系の検証に関しては、ほんと、最強ですね。

これで、IB333問題が無事に解消しました。疑いがはれて、すっきりしています。わざわざ、IB333を購入されてまで検証していただき、感謝しています。ありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/39